題肢セットの、いろいろ①

収集するのは「題肢のセットだ」とひとことで言っても、いろいろの性質がある。

「課題と、解」という意味を持つものが、もっとも基本である。 「目的と、手段道具」 「主策と、代替策」 「現状と、次に生起する事象」 「局面と、シナリオ」 「シーンと、せりふ」 これらは、題と肢がパースペクティブな関係をもつ。

これに対して、 「事物と、その属性」 「カテゴリーと、要素」 「クラスと、インスタンス」 「入口と、出口」 は、題と肢の関係がニュートラルといえるだろう。

さらに、 「成立状態と、それを成立ならしめる条件」 「現状と、前提または原因」 という性質のものは、レトロスペクティブといえる。

題と肢がパースペクティブ(展望的、時間前向き的)な関係にあるものだけでなく、ニュートラルなものもレトロスペクティブなものもすべて含めて、「題肢セット」という外形的形式で結わえて収集していくのである。

 

所長 の紹介

選択肢研究所の所長です。
カテゴリー: 題肢セットの方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です