ひとの名前をどう書くか?

研究所の活動で協力をいただいたりお世話になったりした人々に記事の中で登場してもらったときは、どう表記するか?

考えたあげく、つぎのようなに表記することにした。

ST(弁)君

OM(兄)君

MM(医)嬢

ルールは、

・アルファベットは姓と名の頭文字。

・()かっこの中は、肩書きや職種や年のほどを示す漢字。たとえば、(弁)は弁護士、(兄)は私より年配、(医)は医者、(学)は学者、(編)は編集者、(実)は実業家や社長、(職)は職人、(政)政治家、といった具合で、でたとこ勝負で私が決める。できるだけ2文字にはなりたくない。

・末尾の、君は男性、嬢は女性。

プライバシーに気を使って本名は書かない。いただいた協力に感謝の気持ちは固く抱くが、正式な肩書きは書かない。氏や様や博士など敬称は避ける。

ということで、関係者の皆さんにも読者にも了解をお願いしておきたいと思う。

安倍晋三総理なら、「AS(首)君」か「AS(臣)君」か「AS(政)君」だ。

どっちがいいと思う?

しゃきしゃき★アンサーに選択肢を用意しておいた。彼のために決めてあげてくれないか

所長 の紹介

選択肢研究所の所長です。
カテゴリー: 意見論点 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です