日別アーカイブ: 2016年2月15日

悪の力(姜尚中)

悪の力(姜尚中 :集英社) 去年出版された本の中で、「一番良い」レベルの本である。   9月に発行されたときすぐに読んだ。全体として地味で、姜尚中の書き味としては、なにか疲れたような、気力が失せたような、決断が … 続きを読む

カテゴリー: 社会と個人を考える | コメントする