選択の研究と選択肢の研究」カテゴリーアーカイブ

選択行動の現実

いろいろな選択肢が用意されていても、現実には合理的な選択行動がままならないケースがある。以下に、6つの類型を挙げてみよう。 ■類型1: 選択するヒトは、選択行動をとる前に、選択肢のひとつひとつがもたらす結果を予測する。 … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする

選択肢的人間観

ひとを選択肢から成り立っているオブジェクトと考える立場を、選択肢的人間観と呼ぶことにしよう。 「ひとは選択する葦である」というわけだ。 「われ、選択す。ゆえに、われあり」でもある。 Aさんを「選択肢」で因数分解したら、a … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする

選択肢と選択行動

選択行動は、2種類ある、とみなされている。 ひとつは「個人の選択行動」で、もうひとつは「社会の選択行動」だ。 個人の選択行動とは、文字どおり個人が行う選択行動で、わかりやすい。 社会の選択行動とは、選挙制度のように、社会 … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする

選択に関する良書

「ひとは個人的選択において皆が合理的な理性的な選択をしているとは限らない」という観察や研究は、たくさんあります。 個人的選択の分野では、選択がどのように行われるかを踏み込んで述べたものでは、 「選択の科学」(アイエンガー … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする

もうすぐ、カントの誕生日にちなんで

選択判断の根底の原則は、カントの定言命法がよいだろう、と思います。 カントの定言命法というのは、 『あなたの意思の格率が常に同時に普遍的な立法の原理として妥当しうるように行為せよ』 です。 まあ、むつかしい言葉で、これに … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする

ひとを欲求で因数分解する

ひとを選択肢で因数分解できますが、 欲求で因数分解することもできます。 因数分解というのはアナロジーとしての表現ですが、ひとを欲求でプロファイルすることは私たちの日常でよく行うことです。 ひとは、欲求のレベルによって関心 … 続きを読む

カテゴリー: 選択の研究と選択肢の研究 | コメントする